高齢でもしっかり不妊治療に取り組もう|発展する医療におまかせ

医療の力で妊娠を諦めない

医者

原因と専門的な治療

不妊に悩む夫婦は昔と比べて増加し、それを治療していく専門病院も人気が高まってきました。この不妊が増えてきた原因は晩婚化の影響が考えられ、男女ともに年齢が高齢になることで不妊の確率が高くなってしまうのです。なぜ高齢がその不妊の原因になってしまうのかは、女性であれば卵子の老化や男性であれば精子の運動能力の衰えがそうです。妊娠は、卵子と精子が健康的な状態であることがその確率を高めていくので、不健康な状態では妊娠もなかなか成立できません。こういった原因から、専門病院では卵子と精子を受精しやすい状態にしていく取り組みが行われています。この結果、高齢でもある程度は妊娠を望んでいくことができるので、晩婚で不妊に悩む人の治療が後を絶たないのです。実際に高齢で妊娠に成功した人はたくさんいるので、その実績をもとに患者が集まってくることになります。

妊娠は年齢と関係する

高齢が不妊を招いてしまう理由は、卵子や精子の問題だけではありません。特に女性は一定の年齢から女性ホルモンが減少してくるので、それが妊娠できる可能性を低くしてしまいます。そして、閉経を迎えるまでには無排卵となっていることも多く、高齢になることで不妊のリスクはどんどん高まっていきます。こういった問題も含めて、高齢になるほど治療の効果も低くなる傾向があります。高度な先進医療でもその可能性が弱くなってしまうので、不妊対策は若い年齢で行っていくのが一番なのです。こういった専門病院では、20代でも一定期間子供ができない場合は治療が進められます。若いうちに取り組んでいった方が効果も出やすくなるため、早すぎることではありません。30代でもなるべく早めに、特に40代になる前に真剣に取り組む必要があります。自然では難しい妊娠でも、このような高い医療技術で高齢の負担を抑えていくことができるので、夫婦の年齢も考慮して動いていきましょう。