高齢でもしっかり不妊治療に取り組もう|発展する医療におまかせ

妊娠しやすくするために

赤ん坊

妊娠力を高める手段

高齢になればそれだけ妊娠率は低くなります。特に女性の場合は出産できる年齢が限られていますから、ある程度の年齢になると自然妊娠を待つよりも不妊治療を行ったほうが得策かもしれません。不妊治療は費用が掛かると思われていますが、一般不妊治療に関しては保険が効くことが多いので、費用に関しても実費負担が少なくて済みます。高齢の場合はゆっくり不妊治療を進めるという訳にはいきませんから、タイミング法を飛ばしていきなり人工授精などを行う事もあるでしょう。また高度不妊治療の体外受精や顕微授精に関しては高額な費用が掛かることがありますから、期間を決めて計画的に行ったほうが良いかもしれません。高齢になればリスクも高まってきます。

妊娠するためには

高齢になれば焦りも生まれてくるかもしれません。一昔前までは35歳からは高齢出産と定義されていましたが、近年は晩婚化が進み初産平均年齢も30代を突破したということもあり、高齢の定義は40歳に引き上げられるようになりました。人によって卵子の劣化具合が変わってきますから、若いひとでも妊娠しにくいひとはいます。母体の年齢が上がるとそれだけリスクも上がりますし、先天性異常の確立も高まります。初期の検査を進められることもあるでしょう。女性だけではなく男性に関しても年齢が高まると精子の運動率が下がり、受精率が下がってしまいます。欲しいと思ったタイミングに子供を授かることが出来るとは限りませんから時には治療を行うという選択肢を選ぶことも大切です。