高齢でもしっかり不妊治療に取り組もう|発展する医療におまかせ

出産可能な年齢

窓

年齢による出産率の差

年々初産平均年齢が上がっており、近年では30代で初めて出産する人が多くなってきました。35歳以降は特に出産に関する危険が高まる年齢でもあります。もちろん自然妊娠し、無事出産する人もたくさんいますが、妊娠中にトラブルに見舞われたり、異常妊娠したりというリスクが高齢になれば高くなります。また、不妊症の原因として年齢があげられます。高齢になればそれだけ妊娠しにくくなり、不妊治療を行わなければ妊娠しないケースも少なくありません。女性は妊娠できる年齢が限られていますから、子供が欲しいと思った時には妊娠適齢期を超えているという場合もあるでしょう。自然妊娠が難しい場合は早めに不妊治療を行う事をオススメします。

妊娠出来ない訳とは

妊娠するためにはまず排卵していることが重要になります。高齢になれば排卵障害が起こることもありますし、排卵したとしても卵子の状態が良くないものが多く受精に至らないことがあります。高齢になればそれだけ不妊の可能性は高まると言っても良いでしょう。他にも色々な原因がありますが、若い時よりも高齢の方が妊娠しにくくなっていると断言できます。個人差がありますから40代後半でも自然妊娠する人もいますし、20代前半で不妊症の人もいます。高齢になりますと、妊娠時に胎児と母体にリスクが生じてしまうこともありますから気を付けなければなりません。不妊治療も長期になりますと、金銭面でも負担が掛かるので、計画的に行いましょう。